短納期・イニシャル費用無しのプリント基板製造ケイツー

HOME > ケイツーのメリット

ケイツーのメリット

短納期・イニシャル費用無しのプリント基板製造ケイツー

メリット1 あらゆる基板を短納期で製造

ケイツーは、基板製造に必要な設備のほとんどを保持しており、外注に頼ることなく製品を社内一貫生産しているために、短納期で製造することができます。
工場のラインは常にフル稼働させており、土曜日も休むことはありません。それにより納期をさらに縮めることができます。
また、通常時間の掛かるリピート製造であっても、新規時と同じ、あるいはそれ以上の速さで、製品をお客様のもとへお届けすることができます。
納期管理を徹底しているため工程の抜けなどがなく、全製品、納期から遅れることなく仕上がるために安心です。

短納期対応 最短で即日納品!短納期がケイツーの強みです!

メリット2 イニシャル費カットで、フレキ基板の製造をどこよりも安く・早く

ケイツーでは、フレキ基板の小ロット製造で金型やトムソン型(ヴィクトリア型)を作成しません。そのため、通常時間の掛かるフレキ基板も短納期で対応、イニシャル費を大幅にカットできるため、低価格でご提供します。
気になる仕上がりも、金型加工と比べて劣ることはなく、基板1枚1枚の補正ができるために、品質が高いことも自慢です。

コストカット 無駄な初期費用の削減で大幅なコストカットを実現!

メリット3 どんな特殊基板も製造

高い加工技術や精度が求められるものなど、ケイツーは特殊基板製造において、お断りすることはありません。
最新設備の導入、豊富な経験、実績により培われた技術やノウハウを駆使して、これからもお客様のすべてのニーズにお応えしていきます。
「ケイツーに相談すればなんとかなる」そう言っていただける基板屋だということが、当社の誇りです。プリント基板のことなら、どんなこともお任せください。

あらゆる基板に対応!困っていることをすべて解決。「頼られる基板屋」を目指します!

メリット4 フレキの中ロット製造もより安く

当社では、フレキ基板の試作をレーザによる外形加工で行い、イニシャル費を削減するご提案をしております。しかし、中ロットの製造となると、金型を製作した方がトータルコストを抑えることができます。
試作メーカーでは対応できないような数量の多いロットであり、量産メーカーで製造するにはイニシャルが高くなりすぎるといった中ロット品は、ぜひ当社にお任せください。低価格でご提供することが可能です。

外形寸法:20mm×100mmの片面フレキ基板を製造する場合
数 量 レーザ加工 金型加工
イニシャル 単 価 合 計 イニシャル 単 価 合 計
100枚 75,000円 920円 167,000円 250,000円 720円 322,000円
500枚 750円 450,000円 550円 525,000円
2,000枚 670円 450,000円 470円 1,190,000円

メリット5 中ロット製造(500〜2,000枚)のお悩みを解決

設備フル稼働でプリント基板中ロット製造の急なご依頼にも対応

ケイツーは他の試作メーカーに比べて製造容量が大きいため、中ロットの試作や、中量産を短納期で請け負うことができます。
当社は設備フル稼働です。数量の多い急なご依頼にも対応が可能です。
試作と同様の製造方法を採るため、量産メーカーのようにイニシャル費が高くなる心配もありません。リジッドフレキや特殊基板など、なんでもお任せください。

試作と同じラインで製造するから短納期

中ロット製造の依頼を一般の試作メーカーにすると、工場のキャパが追いつかず、外注に委託するか、製造自体を断られてしまうことが多々あります。
しかし量産メーカーに依頼すると、イニシャル費が高かったり、納期が大きく遅れてしまったりという問題が出てきます。
ケイツーは、工場のキャパも大きく、中ロットでも問題なく製造ラインに入ります。試作と同じラインで製造するため、短納期対応も可能です。

ケイツーの中ロット試作は安価

500枚〜1,000枚の場合、量産メーカーと比較して、トータルコストを安価に、かつ短納期で製造することができます。
2,000枚以上では、価格面で量産メーカーに劣りますが、納期については格段にスピーディーです。
なお、試作から中ロット製造に移行する場合には、新たなイニシャルは発生しません。
(※完全リピートの場合に限ります)

他社とのコスト比較

品質向上・環境への取り組み パターン検査や導通検査ISO9001取得工場。鉛・ハロゲンフリー。RoHS指令対応です。

PAGE TOP